ホームへ
ホーム >> 研修案内・保育ニュース >> 口蹄疫被害義援金等の報告 >> 第53回全国私立保育園研究大会

研修案内・保育ニュース

第53回全国私立保育園研究大会(宮崎県口蹄疫被害義援金等の報告)

第53回全国私立保育園研究大会(埼玉大会)が、6月16日より3日間、大宮ソニックシティで開催されました。

全国より2,000名を越える参加者を得て、宮崎県からも21名の保育関係者が参加いたしました。

大会会場では、全国私立保育園連盟青年会議の方々が中心となって「宮崎県口蹄疫被害義援金」の募集をしていただき、大会中のご協力募金は194,635円集まりました。関係機関を通じてお届けいただけるものと思います。

これを受けて、大会最終日の18日・全体会において、宮崎県保連理事長より壇上にて下記内容のお礼を述べました。


「口蹄疫」に関して、今大会ご参加の皆様から心温まる浄財とお励ましを頂戴し、衷心より厚く御礼申し上げます。また、この募金行動を企画し活動していただきました、全私保連青年会議の皆様、本当にありがとうございました。

現在、宮崎県の保育園では、各種の行事が自粛・延期を余儀なくされており、終息の目途が立たない不安な心境に加え、畜産農家及び関係者の方々への思いで心を痛めております。少しでも早い終息を願って、今回の大会における義援金募集の様子を会員や県民に伝えていきたいと存じます。

宮崎県 参加者一同
宮崎県保育連盟連合会 理事長 井之上隆潤

ホーム >> 研修案内・保育ニュース >> 口蹄疫被害義援金等の報告 >> 第53回全国私立保育園研究大会

ホームへ

〒880-0007
宮崎県宮崎市原町2-22 宮崎県福祉総合センター内
一般社団法人 宮崎県保育連盟連合会 事務局
 TEL:0985-28-5835 FAX:0985-28-5989
Copyright (C) M-Hoiku 2007 All rights reserved. Since 2007/01/01